« さよなら、デニーズ | トップページ

読書の秋

小中学校の読書週間が大嫌いだった自分なのに、

先月からなぜか読書が習慣づいてきた。

出張なのにiPodを忘れ、古本屋に駆け込んだのがきっかけだ。

とりあえず、東野圭吾か伊坂幸太郎ならなんでもいいや、

と手にとった「ラッシュライフ」が大当たり。

そのあと、「もしドラ」「弥勒の掌/我孫子武丸」「夜明けの街で/東野圭吾」と読み続け、

今は「終末のフール/伊坂幸太郎」を読み途中だ。

「ラッシュライフ」は、いくつものストーリーがバラバラに展開していくが、一人の外国人留学生が巧みにそれらを結びつけながら、時系列をずらして読者をだます。

まさか冒頭のハサミチョキチョキの女が、アレだとは。。。

不自然な銀行員が、アレだとは。。。

絶対映画化不可能だね!

と思いきや映画化されている。。。

この感動をどう映像で表現する?

 

「アヒルと鴨のコインロッカー」はDVDを見たけれど、

小説だったらもっと感動していたな、と見ながら思ってしまった。

でも小説ではボブ・ディランを聞くことはできないし、

双方に利点と欠点があるな。

 

そもそも「アヒル~」を見たいと思ったきっかけが「フィッシュストーリー」だ。

思わずmixiの好きな映画欄を書き換えてしまったくらい、素晴らしい作品。

通勤時間、暇さえあればiPod touch で、ラスト5分を繰り返してた。

「届けよ誰かに、頼むから」

買うわ。DVDを。

 

その延長で「重力ピエロ」もDVDを借りたりして、小説、映像ともに伊坂ワールドにどっぷりと浸かってる。

 

「弥勒の掌」は久々の我孫子武丸。

まあ、後味最悪の小説だけど、中盤から面白すぎて止まらなかった。

主人公が高校の数学教師、ということで、完全に感情移入できた。

そしてまたあの叙述トリックにだまされた。

千秋、という微妙な名前のせいで。

これは間違いなく映画化不可能。


 
 

このあとに「夜明けの街で/東野圭吾」を読むと、

東野圭吾の文章の読みやすさを痛感する。

主人公が妻子のいる夫、ということで完全に感情移入できた。


  

とにかく最近は、

伊坂幸太郎の、イチイチおしゃれでウマイ文章が好きだ。

作詞家が躍起になって探している、日常に埋もれている真実を、

伊坂幸太郎はいくつも見つけ出し、さらりと文章に忍ばせてくる。

 
 

|

« さよなら、デニーズ | トップページ

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋:

« さよなら、デニーズ | トップページ